高松市/O様邸採光と動線の工夫で方角問題も解決!光あふれるリビングに笑顔が集まる。

INTERVIEW

ドアを開けると、ぱっと広がる明るいリビング、その奥に存在感たっぷりのステンレスカウンターのキッチンが控えるO様邸。すぐ南側に隣家が迫り、東西に長い敷地で、このLDKにいかに光を取り込むかが設計のポイントでした。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

天井から床まで大きく取ったリビング南面の掃き出し窓。すぐ外に物干し場を設けることで視線を遮り、プライバシーも守れます。 「冬場でも日射しが部屋の奥まで入って明るかったですよ」と、奥さまも陽当たりの良さにご満足。 物干し場を1階にしたので2階のバルコニーまで上がらなくて済み、家事もぐっとラクになりました。 ほかにも大容量の収納や、多人数でも同時に使える広い洗面脱衣室、お客さまが水回りを気兼ねなく使えるように洗濯機をキッチン横に置いた動線など、 女性の目線に立ったプランニングは日進堂ならではです。 もう一つ、奥さまのお気に入りなのがガスの床暖房。冬は足元から暖かくてエアコンいらず、赤ちゃんも気持ちよくハイハイできます。 各部屋の窓の位置も計算されていて、夏は窓を開放すれば家全体に風が通ります。 広いリビングはご主人のご希望通り。一年を通じて心地よく過ごせる家で、3人の子どもたちも健やかに成長できそうです。