高松市/F様邸中庭を中心に家族がつながる平屋

INTERVIEW

「中庭があることで自然や季節の移ろいを実感できるし、庭越しに家族の気配を感じられて安心できます」と奥さま。玄関、廊下、トイレなどもゆったり広めにとり、将来も暮らしやすい住まいとなりました。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

 広い敷地を活かし、庭を中央に配してロの字型の間取りとしたF邸。玄関を入ると大きなFIX窓越しに中庭のイロハモミジが姿を現し、家の中は驚くほど明るく開放的です。床には丈夫で味わいのある古材仕上げの栗の無垢材を採用し、室内はシックで落ち着いた和の雰囲気でまとめました。小上がりの和室は普段は障子を外しフリースペースとして利用。ここで中庭を一人ぼんやり眺めるひと時に癒されますと奥さま。障子をつければ来客用の部屋に変身します。
 LDKは勾配天井と登り梁により、視覚的にもゆったり広がりを感じさせる空間に。中庭と高窓で光量をしっかり確保することで、北側LDK特有の暗くなりがちなデメリットを感じさせません。一枚板のダイニングテーブルやキッチンカウンターといった木の温もりが随所に感じられるあしらいで、居心地の良い唯一無二の住まいとなりました。