高松市/Y様邸「ママが使いやすい家」にこだわると家族みんなが満足できる家に!

INTERVIEW

日進堂の女性プランナーが奥様と年齢が近く話しやすかったこともあり、「思いきりわがままを言って、私が使いやすい家にしました」と笑う奥さま。「土地探しからお願いできたので助かりました」とはご主人。意思が通じ合う絶妙のコンビネーションで理想の家づくりを楽しみました。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

マンション住まいで手狭だったことから「友だちがたくさん集まってホームパーティができる家」というのがご夫婦の理想。 そのためには収納を多くして、常にスッキリ片付けておかなくてはなりません。 システム化された収納プランは日進堂の得意技。必要なものはLDKと1階和室にすべて収納できるようにプランニングし、しまう物のサイズを考慮した収納がぴったりと組み上がっています。 さらに和室は床を上げて床下収納も確保。収納家具を置かずに済んだので、部屋の掃除もラクになったそう。 間取りも、玄関から直接キッチンに入れて、水回りまでの直線の動線を確保。奥さまのお母さまと同居しているので、キッチンは2人で立てるようにシンク前を広めにするなど、 家事のしやすい家になりました。 住み心地もバツグンです。1階は北側の和室の窓からリビングの掃き出し窓までまっすぐに風が抜けるので、吹き抜けの効果も相まって家の中が均一の室温になって快適。 夏でもエアコンは1階と2階にそれぞれ1台ずつで済んでいます。 蓄熱暖房機を備えたので、冬は足元からぽかぽか、床暖房なしでも過ごせます。