【平屋】おしゃれな新築の施工事例3選|費用相場もあわせて紹介

6,304 ビュー

平屋はワンフロアのみで構成されているため、2階建てと比べて建築費用を抑えられると考えている方もいるかもしれません。しかし実際は、2階建てよりも平屋の方が建築費は割高です。おしゃれで暮らしやすい平屋を建てるには、費用面を工夫して計画する必要があります。

 

ここでは、新築で平屋を建てる際の費用相場や、費用面も含め満足できる平屋を建てるコツなどを解説します。平屋のおしゃれな新築事例も紹介するので、マイホームの計画にぜひご活用ください。

 

新築で平屋を建てる際の費用相場

 

2~3LDKの広さの平屋であれば、建築費用(本体工事費+附帯工事費)の相場は1,000~2,000万円ほどです。ただし、建築費用は、延べ床面積や間取り、設備によって変わります。家族の人数や価値感しだいでは、3LDKを超える部屋数を確保した方がよいかもしれません。その上、同じ住宅会社でも、価格帯の異なるさまざまなプランが用意されています。

 

自分たちの思い描く住宅のプランに合わせて、各住宅会社に見積もりを出してもらいましょう。複数の住宅会社の建築費用を比較すると、費用面を含め総合的に満足できるマイホームに近づきます。なお、土地をこれから用意するという場合は、上述した建築費用に加え土地代もかかります。

 

 

▼関連記事

【注文住宅】新築の平屋の価格相場は?広さ別に解説

 

新築で平屋を建てる際の費用に関する注意点

 

新築で平屋を建てる際に、費用がかかりがちなポイントを紹介します。1フロアのみの平屋は、2階建てよりも屋根や土地代が割高です。利便性・安全性を確保するためにも、費用をかけて対策する必要があります。

 

 

屋根や土地代で高くなりやすい

平屋は1フロアのみであるため、個室や設備のそろった家を建てるには、広い土地が必要です。建築基準法によってその土地ごとに建ぺい率が決められているため、敷地いっぱいに家を建てる訳にはいきません。適切な面積の土地を確保すると、どうしても土地代がかかってしまいます。

 

屋根の面積が大きいことも、建築費用がかかる原因といえるでしょう。同じ延べ床面積の2階建てと比較すると、平屋は屋根の面積が2倍です。また、屋根材や屋根の形にこだわるほど、より建築費用が高くなります。

 

 

設備や間取りで費用が高なる可能性がある

設備や間取りの優先順位を決めないでマイホームの計画を進めると、建築費用が高くなる恐れがあります。予算の範囲に収まるように、優先順位を付けて設備を導入しましょう。欠かせない設備があれば、材料やモデルをグレードダウンすると予算内に収められる可能性があります。

 

また、複雑な間取りにするほど、建築費用がかさむためご注意ください。建築費用を抑えるには、間取りに工夫が求められます。例えば、シンプルな長方形型の平屋なら、L字やコの字などの間取りよりも外壁部分が少ない分、建築費を抑えられます。

 

 

防犯・プライバシー対策に費用が必要になる

1フロアの平屋は外から見えやすく、プライバシー対策が必要になります。安全に暮らすために、防犯対策に力を入れることをおすすめします。具体的な防犯対策を、以下に示しました。

 

・周囲に塀やフェンス、植木などで目隠しする

・周囲に踏むと音のでる砂利を敷く

・窓ガラスにプライバシーシールを貼る

・二重窓にする

・防犯カメラやセンサーライトを設置する

 

近隣の住民からプライバシーを守るだけではなく、家族間のプライバシーにも配慮が求められます。ただし、視線を遮るために間仕切りを増やすほど、建築費用はかさみます。

 

 

採光対策に費用がかかる場合がある

平屋の周囲に背の高いビルや住宅が立ち並んでいると、太陽の光が遮断され、室内が暗くなってしまうかもしれません。天窓を設置したり、窓の数を増やしたり、中庭を作り開放的な空間を演出したりすると、採光性を確保できます。しかし、採光対策を施した分、建築費用は高くなります。

 

天窓は高い位置にあるため、通常の窓よりも設置費用が割高です。一般的な窓よりも生産数が少ない天窓は元々単価が高く、特にリモコンで開閉する可動式の天窓は高額です。また、一般的な窓でも設置数を増やすに従い、建築費用は高くなります。

 

中庭を作ると家の内部に光を取り込めますが、外壁の部分が多くなるため費用がかかります。

 

 

新築で平屋を建てる際のコツ

 

建築費用や機能性、デザイン、安全面などを含め、総合的に納得できる平屋を建てるには、住宅会社選びがポイントです。実績や口コミを確認して、依頼する住宅会社を決めましょう。設計・間取り、水害対策も含めて、新築で平屋を建てるコツを解説します。

 

 

住宅会社選びは実績や口コミをチェック

新築で平屋を建てる際は、建築実績が多い住宅会社を選ぶことが重要です。公式サイトの事例に加え、実際に依頼した人の口コミもチェックして住宅会社をお選びください。

 

平屋の建築実績が多いメーカーは、技術力に長け経験豊富です。豊富な実績をもとに、マイホームへの希望をかなえつつ、費用に折り合いをつけるプランを提案してれると考えられます。展示場でモデルルームを見てみると、住宅会社ごとの特徴が分かり、家づくりのイメージを固めやすくなります。

 

 

設計・間取りは周辺環境も考慮する

平屋で安心して暮らすには、周辺環境の影響を考慮して設計・間取りを考える必要があります。1フロアの平屋は、ドアや窓の開口部が地面に近く、人の目が気になりやすい状態です。おしゃれや利便性を重視して住まいを考えても、周辺環境が気になるようでは、せっかくのマイホームが居心地の悪い場所になってしまいます。

 

周囲の建物や道路から室内が見えないか、窓などの開口部を誰でも入れる位置に設置していないかなど、周辺環境の影響を考慮しながら設計・間取りを検討しましょう。

 

 

土地選びは水害を考慮する

日本では、水害が頻繁に発生しています。水害から逃げる場合は高い場所に移動する必要があります。しかし、1フロアのみの平屋は、上階に避難できません。

 

水害のリスクを抑えるには、ハザードマップを見て高い場所にある土地に平屋を建てましょう。川から離れた場所でも、周囲の土地よりも低くなっていれば、高低差で水が流れこんでくるためご注意ください。すでに平屋を建てる土地が決まっている方は、土地の嵩上げも検討しつつ水害に備えましょう。

 

 

平屋のおしゃれな新築事例3選

 

平屋のおしゃれな新築事例を紹介します。デザインの作り方や、家族と快適に暮らすための間取りや設備、収納などの工夫を参考にしてみましょう。

 

 

仕事も家族も大切にシックモダンな平屋

おしゃれな空間で、家族の存在を感じながら過ごせる新築平屋です。建物全体は天然木のフローリングがはりめぐらされ、ナチュラルな雰囲気となっています。ライトグレーの壁紙やドア、ブラックのペンダントライト、アイアン調の窓が、あたたかみのある雰囲気のなかにモダンさを添えています。

 

リビングにはコンパクトなワークスペースが併設されました。ワークスペースとリビングは、完全に壁で仕切られていません。開口部や上部の窓から家族の声が聞こえると、リラックスして作業できるでしょう。

 

利便性にも要注目です。広い脱衣室には収納棚が設置されており、ランドリールームとしての役割も兼ねています。洗ってすぐ干せて収納でき、効率よく家事ができると考えられます。

 

仕事も家族も大切にシックモダンな平屋の施工事例を見る

 

 

開放感たっぷりの空間で愛猫と共に暮らす平屋

こちらは、人と愛猫が気持ちよく暮らせるよう工夫された新築平屋です。リビングとダイニングに仕切りはなく、広々としています。高さのある勾配天井のおかげで、いっそう開放的に感じられるでしょう。フルフラットキッチンや、サブウェイタイルの壁紙、アイアンの照明が、リビングのアクセントになっています。

 

リビングのドアにはペット専用のドアが設けられており、愛猫が自由に出入りできます。高窓の付近にはカウンターがあり、愛猫がお昼寝したり、外を眺めたりしてのんびり過ごせるでしょう。また、リビングの横にはコンセントが並んだスタディスペースがあり、読書やリモートワークに勤しめる環境が整えられています。

 

開放感たっぷりの空間で愛猫と共に暮らす平屋の施工事例を見る

 

 

明るい光が空間を包むスタイリッシュな平屋

こちらの新築平屋は、屋内外をモダンでスタイリッシュにまとめました。メタリックなチタングレーの外壁と、コンクリート調の外壁がクールな印象です。

 

内装は、コンクリート調のキッチンやアクセントクロス風のエコカラットで、おしゃれに仕上げました。リビング以外の個室も、グレーの壁紙で落ち着いた雰囲気です。また、冷たい印象になりすぎないように、色味を抑えた木目の床材や、あたたかな光の間接照明で、インテリアのバランスを取っています。

 

収納力の高さも、スタイリッシュに見せるポイントです。キッチンのパントリーやファミリークローゼットを活用すると、余計な物がないすっきりした空間となります。

 

明るい光が空間を包むスタイリッシュな平屋の施工事例を見る

 

 

▼関連記事

おしゃれな平屋の間取り・施工事例!モダン・ナチュラルなどテイスト別で紹介

【3LDK】参考にしたい!平屋の間取りアイデアまとめ

【テイスト別】家づくりの参考にしたい!おしゃれな平屋の外観事例まとめ

 

香川・岡山でおしゃれな平屋を検討している方は日進堂へご相談ください

平屋は2階建てよりも建築費用が割高になります。コストを抑えて平屋を新築するためには、住宅会社選びが重要です。また、周辺環境を考慮した設計・間取りの検討や、水害対策も、おしゃれで安心して暮らせる平屋の建築に重要。

 

日進堂は、長年培ってきた実績と信頼で、香川県住宅着工棟数ランキング13年連続No.1を獲得しました。リアルサイズのまちかど展示場で、さまざまな間取りを見学いただけます。専任スタッフによる徹底サポートで、納得できる住まいづくりを実現いたします。

 

香川県・岡山県でおしゃれな平屋を検討している方は、ぜひ日進堂へご相談ください。

 

▼関連記事

平屋のメリット・デメリットを徹底解説!失敗しない家づくりをするための基礎知識

吹き抜けのある平屋で後悔しないためのメリットデメリットを解説

平屋の坪数の平均はどれくらい?最適な坪数を人数・家族構成別に紹介

【事例あり】平屋でビルドインガレージを作る際のメリットや間取りのポイントを紹介

平屋の勾配天井について|後悔しないためのポイントも解説

 

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事