パントリー(キッチンクローク)を作る際の間取りのアイデア3つ

1,360 ビュー

パントリー(キッチンクローク)を作る際の間取りのアイデア3つをご紹介

キッチン周りの収納力を高めようと、新居にパントリーを設置したいと考える人は多いのではないでしょうか。パントリーは、食品や食器類などをしまう収納スペースです。余分な物をしまうと、キッチンがすっきりして作業しやすくなります。

ここでは、パントリーを3つのタイプに分け、メリット・デメリットや必要な広さの目安を解説します。おすすめの間取りのアイデアも紹介するので、機能的で収納力のあるパントリーをイメージしてみましょう。

 

パントリー(キッチンクローク)とは?

パントリー(キッチンクローク)とはなにか?

パントリーとは、主に食品や食器類を収納・貯蔵するスペースのことです。パントリーは、キッチンの一部またはキッチンに隣接する場所に設置されています。扉を付けたり棚を設置したり、パントリーは自由にアレンジ可能です。

本来のパントリーはホテルの厨房に隣接した配膳室を示すものでしたが、現在のパントリーには、配膳に使うもの以外に多くのものが収納されています。常温保存可能な食品、災害時の備蓄品、大皿や重箱など使用頻度の低い食器、ホットプレートなどの調理家電など、さまざまなものをパントリーに収納しましょう。

 

 

パントリー(キッチンクローク)の種類と必要な広さ

パントリー(キッチンクローク)の種類と必要な広さはどんなもの?

ここでは3タイプのパントリーについて、特徴とメリット・デメリット、必要な広さを解説します。

ウォークインタイプ ウォークスルータイプ 壁かけタイプ
特徴 1つの部屋として独立したタイプ 通り抜けられるタイプ 壁に取り付けるタイプ
メリット 収納力が高い 回遊動線をつくれる キッチンで作業しているときに物を取り出しやすい
デメリット 整理整頓が難しい 収納力がウォークインタイプより落ちる

間取りを検討しにくい

収納力が低い
必要な広さ 1~2畳ほど 2~3畳ほど 0.3~1畳ほど

 

ウォークインタイプ

ウォークインタイプは1つの部屋として独立しているパントリーで、必要な広さは1~2畳ほどです。

ウォークインタイプのメリットは、収納力が高いことです。上手く収納すれば、食品や食器、調理家電はもちろん、扇風機など季節性の強い生活家電も置いておけるでしょう。

ウォークインタイプのデメリットは、広いからこそ整理整頓が難しいことです。パントリー内が乱雑になっていると、賞味期限切れに気づかなかったり、同じ物を重複して購入してしまったりする恐れがあります。

ボックスなどでグルーピングして収納する、賞味期限がある食品は目の高さ付近に置く、棚をつくるならあえて奥行きを浅くするなど工夫すると、ウォークインタイプを機能的に使えます。

 

ウォークスルータイプ

ウォークスルータイプは通り抜けできるパントリーで、出入り口が複数設けられています。ウォークスルータイプのパントリーの広さは、2~3畳ほどです。

ウォークスルータイプのメリットは、回遊動線をつくれることです。たとえば洗面脱衣室とキッチンの間にパントリーを設置すると、家事動線が短くなります。玄関とキッチンの間にパントリーを設置すると、買いもの帰りにドリンク類など重いものをすぐに収納でき、キッチンからパントリーへのアクセスも便利です。

ウォークスルータイプのデメリットは、間取りの難しさです。また、複数の出入り口が必要になるため、ウォークスルータイプはウォークインタイプよりも収納力が落ちます。

 

壁かけタイプ

壁かけタイプは、キッチンのすぐ隣、あるいは背面の壁に取り付けられたパントリーです。壁掛けタイプの設置に必要な広さは、0.3~1畳ほどです。

壁かけタイプのメリットは、キッチンからすぐ手が届く位置に設置できることです。調味料や調理家電をすぐ手に取れると、効率良くキッチンを使えるでしょう。また、ウォークインタイプ・ウォークスルータイプのパントリーを設置するスペースを確保できなくても、場所を取らない壁かけタイプなら設置できます。

壁かけタイプのデメリットは、収納力の低さです。あまり大きな壁掛けタイプを設置すると、作業スペースが狭くなったり、扉を開閉しにくくなったりします。

 

 

パントリーを設置する際の間取りのアイデア3つ

パントリーを設置する際の間取りのアイデア3つをご紹介

パントリーを設置する際の間取りのアイデアを、使いやすくなるポイントも交えて紹介します。

・キッチンの動線上に設置する
・キッチンと洗面所付近をつないで設置する
・玄関付近とキッチンをつないで設置する

 

キッチンの動線上に設置する

キッチンの動線上にパントリーを設置すると、料理中に少し場所を移動するだけで物を出し入れできて便利です。調理中よく目にする位置にパントリーがあれば、買い足さなければいけない食品にもすぐ気づけるでしょう。

また、すぐに取り出せる位置にパントリーがあれば、余分なものをしまいやすくキッチンをすっきりさせられます。リビングからキッチンが見えるタイプの間取りなら、すっきりしたキッチンの方が見栄えが良いでしょう。パントリー内にコンセントを設置すれば、冷蔵庫や電子レンジも置いておけます。無理なく配線するには、調理家電の使用イメージを考えてコンセントの配置を決めることがポイントです。

 

キッチンと洗面所付近をつないで設置する

キッチンと洗面所付近をウォークスルータイプのパントリーでつなぐと、複数の家事を同時にこなしたいときに最短の動線で移動できます。また、子どもが浴室や洗面所を使っているときに、様子をうかがいながらキッチンに立てると安心できるでしょう。

キッチンと洗面所付近をつなぐ間取りは、収納面にも魅力があります。キッチンで使うものと洗面所でつかうものの両方をしまえるので、水回りをすっきりさせられます。キッチンも洗面所も物が多くなりがちなので、パントリーを効果的に活用しましょう。

キッチンと洗面所付近をつなぐときのポイントは、湿気対策です。湿気がパントリーにこもると食品が傷みやすくなるため、換気扇を付けるなどの対策をおすすめします。

 

玄関付近とキッチンをつないで設置する

ウォークスルータイプのパントリーは、玄関付近とキッチンの間にも設置されます。玄関からシューズクローク、パントリーとつながるように、生活動線を意識してパントリーを設置するケースも見られます。

玄関付近とキッチンがパントリーを通じてつながっていれば、買い物帰りに重いドリンク類やお米を運ぶ手間を省けます。配達されたウォーターサーバーの水、一時的に置いておきたい宅配便などの収納にも、玄関付近のパントリーは便利です。

また、雨の日は買ってきた物が水に濡れている場合もありますが、直接荷物をパントリーにしまえればリビングを汚さずに済むでしょう。

 

 

▼関連記事

家事動線を意識した良い間取りとは?間取りアイデア、施工事例も紹介

 

おしゃれなパントリーの事例3つ

おしゃれなパントリーの事例3つをご紹介

おしゃれなパントリーの事例を3つ紹介します。設置場所を参考に、パントリーのある住まいをイメージしてみましょう。また、住まい全体に関する間取りのポイントも紹介しています。

 

温もりに包まれた心地よい空間のお家

こちらの住まいは、キッチンの横にウォークインタイプのパントリーを設置しました。パントリーの出入り口はアーチ型で、ライトベージュでまとめられた温もりある空間にマッチしています。リビングからキッチンが見えますが、パントリーを活用すると、生活感を抑えたすっきりした状態を維持できるでしょう。

パントリー内には高窓があり、明るい印象です。また、棚の奥行きが浅く、整理整頓しやすいと考えられます。

温もりに包まれた心地よい空間のお家をご紹介

▼施工事例はこちら

温もりに包まれた心地よい空間のお家

 

家族みんながくつろげる柔らかな空間の家

こちらは、パントリーをはじめとして収納力の高い住まいです。パントリーはキッチンと勝手口の付近に設置されており、勝手口を通じた物の運び入れに便利です。

ダイニング横にはウォークスルークローゼットが設置されており、玄関付近にも収納スペースが確保されています。場所ごとに十分なスペースが確保されていて、快適でくつろぎやすい住まいといえるでしょう。

家族みんながくつろげる柔らかな空間の家をご紹介

▼施工事例はこちら

家族みんながくつろげる柔らかな空間の家

 

家族と豊かに暮らす中二階のあるお家

リビング横の多目的に使えるステップフロアや、キッチンの目の前に設置された畳のスペースなど、ゾーニングの参考になりそうな住まいです。

キッチンの背面には、壁掛けタイプのパントリーが設置されています。パントリーの下には扉の付いた収納棚があり、見せる収納・隠す収納に分けて整理整頓可能です。壁にはコンセントが4つ付いており、炊飯器や電子レンジなどの調理家電も並べられます。

家族と豊かに暮らす中二階のあるお家をご紹介

▼施工事例はこちら

家族と豊かに暮らす中二階のあるお家

 

 

注文住宅でパントリーを設置したい方は日進堂へご相談ください!

食品や食器類などを収納するパントリーは、ウォークインタイプ、ウォークスルータイプ、壁かけタイプの3つに分けられます。キッチンの動線上や、キッチンと洗面所や玄関の間など、使いやすい位置にパントリーを設置しましょう。

日進堂は、自由設計の家づくりで、お客さまが心地良く暮らせる家づくりをお手伝いします。体感型ショールームで、快適な間取りや設備のイメージを固めていただけます。香川・岡山でパントリーのある注文住宅を建てるなら、ぜひ日進堂にご相談ください。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事