ごぼうの野趣をまとった 甘旨鶏手羽煮

124 ビュー

料理好きの営業スタッフ・岡﨑が、畑で採れた旬の野菜・フルーツを使った一皿をご紹介します!
今回の野菜は「ごぼう」。
意外と簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。

今月の一皿は鶏手羽とごぼうの煮物。甘辛いダシが手羽先に絡み、こっくりしたおいしさでお酒もごはんもすすむ一品です。ポイントはごぼうの処理。「皮を削りすぎない」「水にさらすのは短時間」の2つです。香りと栄養分が抜けすぎてしまうのを防ぎます。また、仕上げに針しょうがを乗せると、より香り高く、品よく召し上がれますよ!

 

【材料(4人前)】

手羽先 16本
ごぼう 1本
さやいんげん 適宜
鶏がらスープ 300ml
濃口しょうゆ 大さじ 2
みりん 大さじ 3
はちみつ 大さじ 1.5 ←なければ砂糖で代用しても!

 

【作り方】

① 手羽先は食べやすくなるよう、関節の軟骨と軟骨の間に切り込みを入れる。ごぼうは包丁の背で皮をこそげ落とし、乱切りにしたら水にさらす。さやいんげんはへたを切り落とす。

② 鍋に塩ひとつまみを入れた湯を沸かし、インゲンマメを2分程度ゆでる。氷水にさらして熱をとり、水けをきったら食べやすいサイズにカットする。

③ フライパンに油(分量外)を熱し、手羽先を皮目を下にして焼く。皮にこんがり焼き色がついたらひっくり返して同様に焼く。

④ ③にごぼう、鶏がらスープ、残りの調味料を加え、フタをして15分煮込む。フタを外して煮汁が好みの濃さになるまで煮詰める。

⑤ 皿に盛りつけ、さやいんげんを飾ったら完成!

 

【今月の野菜 ごぼう】

独特の香りが料理を引き立てるごぼう。地下にまっすぐ成長するので、プランター栽培よりも培養土袋を立てて栽培するのがおススメです。栽培は種から。品種は家庭栽培用の生食できるものや短根種が管理しやすく育てやすいです。栄養不足だとスが入るので、肥料は忘れずたっぷりと!

栽培難易度  ★★★

 

おすすめしたSTAFF

< 営業  岡﨑 > 2年ぶりに高知から母が来ます。短い滞在期間なのにうどんを3軒行きたい!!とのこと。元気の源は健康でおいしく食べることですね。食欲万歳!!

 

 

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事